pmm-vasco-team-subpage-graphic-1300x500px-all-lan.png

PMM Vasco Emergency Teamの理念

Polish Medical MissionとVasco Electronicsが手を組み、3ヶ月に及ぶ大規模な準備の後、迅速な対応を行う救助隊を立ち上げることになりました。その任務は、自然災害や人道的危機が発生してから24~48時間以内に、世界中の人々に医療支援を提供することです。

両団体は、人を助けるという目的を共有しています。PMMは23年間にわたり世界中で医療支援を行っており、Vasco Electronicsは人と人とのコミュニケーションを円滑にし、言葉の壁を取り払うことを使命としています。さらに、CEOのMaciej Góralski(マチェイ・ゴラルスキ氏)は救急救命士の経験もあり、困っている人を助けたいという気持ちを常に持っています。こうして、チーム作りの構想が生まれました。

logo-vasco-pmm(1).png
team(1).jpg

「Vasco Electronicsは、発展途上にあるチームの組織化や救助活動の計画、機材・医薬品の保管・購入の分野で支援します。また、資金調達の企画・実現など、チームの活動を地域的・世界的に推進します。最後になりましたが、私たちはチームのトレーニングに資金を提供する予定です。専門家育成の枠組みの中で、ミッションの安全性の原則、生物学的脅威、テロリズム、さらに救急医療、熱帯医学、渡航医学の側面について学びます。」と、Vasco ElectronicsのCEOで経験豊富な救急隊員、緊急チームリーダーのMaciej Góralskiは述べています。

チームの任務

準備を進めてきた「PMM Vasco Emergency Team」の募集を開始します。このチームは、自然災害や人道的危機の被災地に赴くことを主な任務としています。最良の支援を提供するため、PMM Vasco Emergency Teamは専門的な訓練を受けた医療スタッフで構成され、独自の機材とロジスティクスを利用することができます。チームの活動は、世界保健機関(WHO)の指令に従います。さらに、チームのメンバーは、継続的に能力を向上させるために、医療・非医療の両分野のトレーニングを受けることができます。

私たちの取り組み

私たちは、地域の医療サービスが迅速かつ効果的に対応できない場合に活動します。災害や人道的大惨事が発生してから24~48時間以内に被災地に到着します。

世界情勢を鑑み、まずはウクライナでの戦争被害者の支援に取り組みます。しかし、これは私たちの任務の第一歩にすぎません。すでに今年中に、アフリカへ人道的支援を行う予定です。最終的には、難民キャンプに支援物資を届け、緊急支援活動に参加することになります。

PMM Vasco Emergency Teamは、緊急事態への迅速な対応に加え、世界各国の状況に影響を与えることができる長期的なプロジェクトにも関わっていきます。

pmm-01(1).jpg
pmm-02(1).jpg

チームについて

Vasco Electronicsは、Polish Medical Missionと情熱を共有し、さらに心を開き、人々を助けたいという意欲を持ちました。

こうして生まれたのが、緊急事態を中心に世界中の人々を支援することを主な任務とするPMM Vasco Emergency Teamです。

Polish Medical Missionは、チームの各段階において、スタッフが世界保健機関(WHO)の基準に従って最善の方法で職務を遂行できるよう、経験を共有します。私たちVasco Electronicsは、チームが常に最高品質の支援を提供できるよう、そのトレーニングに共同出資することを約束します。

このチームは、人間の苦しみを軽減することを使命とする、エネルギッシュで柔軟な人たちを集めることを目的としています。私たちの行動が、この世界に真のインパクトを与えることができるという希望に満ち溢れています。