HOME » 世界で最も習得が難しい言語とは?

世界で最も習得が難しい言語とは?

blog-Whats-the-hardest-language-in-the-world

多くの言語を自由に話すことができたらどんなに良いかと思ったことはありませんか?
また、何度も外国語の習得に挑戦してはその難しさに挫折してしまった、ということはありませんか?

誰しも、一度は言語習得においてそういった経験があるのではないでしょうか。
言語の習得は誰にとってもなかなか容易なことではありません。もしかしたら、あなたが学びたいと思っている言語は世界で最も難しい言語の一つかもしれませんし、またそんな難しい言語をあなたは既に話せているのかもしれません。
こちらの記事では、そうした「世界で一番習得が難しい言語」について探ります。

目次:

  1. 中国語
  2. 韓国語と日本語
  3. ポーランド語
  4. アイスランド語
  5. フィンランド語
  6. アラビア語
  7. まとめ

blog-Whats-the-hardest-language-in-the-world-mandarin

1. 中国語

習得が最も難しい言語の一つに挙げられるのが中国語です。その理由として、中国語には成句、警句、同音異義語が豊富にあるからと言われています。

最も難しいとされている要素としては、西洋のラテンアルファベットとは全く異なる文字体系が挙げられます。他の言語を一から学ぶ際にその言語で使われる文字を覚えなければなりませんが、中国語では数千にも及ぶ多くの特殊な文字を覚えなければなりません。

また、中国で最も一般的に話されている北京語には四つの声調があり、一つの単語が発音によって四つの異なる意味を持ちます。例えば、中国語の「ma」はそれぞれの発音の違いによって「母」、「馬」、「粗い」、「叱る」の四つの意味になります。

このことから中国語は習得がかなり難しいとされており、世界の言語の中でも最も複雑な言語の一つといえるかもしれません。

blog-What's the hardest language in the world_02

2. 韓国語と日本語

韓国語はおそらく、アジア言語の中で最も特徴的な言語といえるでしょう。学ぶのが難しい理由は、他のどの言語とも関連がないように見えるからです。そしてこれは日本語にも当てはまります。

韓国語には独特の語順、複雑な文法、独自のアルファベットがあり、これまでに学んだことのある他の言語とは全く異なります。

日本語は韓国語や中国語よりも学びやすいと言われていますが、三つの異なる文字の書き方(ひらがな、カタカナ、漢字)があるため、覚えるのがさらに難しいとされています。

blog-Whats-the-hardest-language-in-the-world-polish

3. ポーランド語

次に挙げられるのが、ポーランド語です。ポーランド語は、英語話者にとって学ぶのが難しい言語の一つとされています。

その理由の一つは、単語に子音が多く含まれており、綴りと発音が難しいことです。
さらに、ポーランド語には七つの格変化があるため、覚えるのがかなり難しい言語といえます。
但し、文字はラテンアルファベットを使用しているので、最初から全く異なる文字を学ぶ必要はありません。

blog-Whats-the-hardest-language-in-the-world-icelandic

4. アイスランド語

アイスランド語はどれほど難しいでしょうか?
これもまた、学ぶのが最も難しい言語トップ10に入ります。アイスランドに旅行したことがある人なら、その理由がすぐにわかるでしょう。

現在、アイスランド語は40万人未満の人々によって話されていますが、9、10世紀の定住以来ほとんど変わっていないと言われています。

しかし、アイスランド人によって常に新しい単語が生み出されているため、新しい言語として学ぶのが難しく、またアイスランドに住んでいなければ完全には学べないとされています。

blog-Whats-the-hardest-language-in-the-world-finnish

5. フィンランド語

フィンランド語は簡単に見えるかもしれませんが、これも習得が難しい言語の一つとして挙げられます。

ハンガリー語とエストニア語を除き、他のどのヨーロッパの言語とも共通点を持たないウラル語族に属しているフィンランド語は、文法が多様にあり、簡単な文章でも非常に長い単語になることがあります。

さらに、フィンランド語にはいくつかの方言があり、ヘルシンキ地域で主に話されているフィンランド語とスウェーデン語との混合言語も存在します。

また、フィンランド人は非常に内気で穏やかな人種とされているので、彼らが伝えようとしていることを聞き逃さないよう、注意深く聞く必要があります。

blog-Whats-the-hardest-language-in-the-world-arabic

6. アラビア語

世界で学ぶのが難しい言語のもう一つがアラビア語です。
この言語は地域や国によってバリエーションがあり、アラブのどこにいるかによって話される言語が根本的に異なるとされています。
また、どのバージョンであっても、右から左へと書かれる独特の文体がアラビア語を複雑にしている要因の一つに挙げられます。

アラビア語をさらに複雑な言語にしているのが、他の言語には存在しない音の使用です。

文法もかなり難易度が高く、動詞が主語の前に来ることが多く、単数形と複数形に加えて、二重形を学ぶ必要もあります。

まとめ:

どんな言語であっても新しい言語を学ぶことは容易ではありませんが、特定の言語は他の言語より難易度が高く、学びがいもあります。
中でも中国語、韓国語、日本語、ポーランド語、アイスランド語、フィンランド語、アラビア語は、習得が特に難しいとされる言語の中で最も挑戦的なものといえます。

各言語には独自の難関ポイントがありますが、独特のアルファベットから複雑な文法まで、それぞれ特有の難しさがあります。

中国語はそのアルファベットの文字数と発音によって意味が変わることで知られ、韓国語は他の言語との関連がなく、独自の語順とアルファベットを持っています。
日本語は三つの異なる文字の書き方があり、英語話者にとっては学びがいがあります。
フィンランド語は多くの文法規則と長い単語が特徴で、アラビア語は異なる方言と右から左への書き方が独特です。

どんなに難しい言語でも、それぞれの異なる特性を学びながら、時間をかけて献身的に取り組めば習得も不可能ではありません。違いを楽しんで、新しい言語習得を目指しましょう!

FAQ:

中国語を学ぶ上での難関は?

中国語習得が難しい主な理由は、アルファベット、声調、成句です。

韓国語を学ぶ上での難関は?

韓国語習得が難しい主な理由は、独特の語順、複雑な文法、独自のアルファベットです。

日本語が他の言語よりも難しい理由は?

日本語習得が難しい主な理由は、三つの異なる文字の書き方があることです。

ポーランド語を学ぶ上での難関は?

ポーランド語習得が難しい主な理由は、子音、文法、綴りです。

アイスランド語を学ぶ上での難関は?

アイスランド語習得が難しい主な理由は、常に新しい単語が生み出されているためです。
これは、アイスランドに住んでいないと完全には学べないことを意味します。

フィンランド語を学ぶ上での難関は?

フィンランド語習得における難関は、文法、長い単語、方言です。

アラビア語を学ぶ上での難関は?

アラビア語習得における難関は、文法、動詞の位置、特有の音です。

上部へスクロール