HOME » 世界で多言語を話せる人の割合は?

世界で多言語を話せる人の割合は?

一体どれくらいの人が多言語を話すことができるのか?と疑問に思ったことはありませんか。

全世界人口を網羅する調査結果が存在しないため、この質問に対する明確な答えはありませんが、人口統計の専門家の中には、人類の半数以上がバイリンガルであると主張する声もあります。しかし、その評価の基準となる “バイリンガル” の定義については様々な見解があります。バイリンガルとは、具体的に何を意味するのでしょうか?

一般的には、2つの言語で理解できるようにコミュニケーションを取る能力をバイリンガルと考えることが多いですが、公式な辞書の定義では、「2つの言語を流暢に話す能力」と定義されています。両者は共に複数の言語を話すことを意味しますが、この2つの定義の間には大きな違いがあります。

世界の人口のほぼ半数が母国語以外の言語をある程度話せるとしても、実際に「流暢な」バイリンガルの話者の数は未だに不明です。それでも、多くの国でグローバル化に対応できるよう積極的な措置を講じていることから、バイリンガルであることの利点は明らかです。

本記事では、このバイリンガルについて詳しく取り上げます。

移民の増加と多言語国家

では、実際に世界でバイリンガルの割合はどれくらいでしょうか?

多くの国では現在、初等教育から第2言語の要件を義務付けていますが、自国を「バイリンガル」国家とは呼ばず、むしろ多言語(マルチリンガル)国家と呼んでいます。

技術の進歩、経済成長の新たなトレンド、教育水準の向上、より良い雇用機会の増加により、世界の移民は史上最高潮に達しています。その結果、多くの国が高い移民率を経験し、多言語が国境内で話されていますが、多くの市民が複数の言語を話すわけではありません。

Vasco でより多くの言語を話そう

2017年に完了した世界経済フォーラムの研究によると、1つ以上の公用語を持つ国は34カ国だけで、またアメリカ合衆国とメキシコに関しては公用語を明確に宣言していません。

一方で、ボリビアは世界で最も多くの公用語を持つ国として38もの公用語を主張していますが、その大部分は先住民の言語であり、いくつかは現在絶滅しているとされています。

また、公式ではありませんがこのボリビアよりさらに多くの言語を持つ国が多数あるとも認識されています。

例えば、南西太平洋の部族国家パプアニューギニアは、840の異なる言語を持つと主張しています。東南アジアの群島国家インドネシアには707言語あるとされ、ナイジェリアは517言語を主張していますが、1960年の英国の植民地支配が終わった後、唯一の公用語は英語となっています。

では、英語はどうでしょうか?英語を母国語とする人々にとって、バイリンガルという言葉は英語+他の言語を指すという単純な仮定があります。

しかし、ビジネス、貿易、大規模な移民など、今日のグローバル化の拡大を考えると、多くの人々にとって英語は自ら選択するかどうかにかかわらず、第二言語となっている場合が多いです。現在、世界中で約13億5000万人の英語話者がおり、これには英語を母国語とする人々や英語を第二言語として話すことができる人々が含まれ、その他の言語を含む複数の言語を話す人々の中に数えられます。

このような膨大な統計に次ぐのは、世界中で推定11億人の話者がいる中国語(北京語)だけです。しかし、北京語は主に地域的な言語にとどまっており、中国国外や中国のビジネス界では英語と比べて使用範囲が限られています。

2019年の時点で、Wikipedia.orgによると、英語が公用語と宣言されている国は55カ国あり、その中にはバイリンガルの国も含まれています。しかし、この数字にはほぼ完全に英語を話す国であるにもかかわらず、公用語であると宣言していないアメリカ合衆国と英国が含まれておらず、その他の英語が社会で広く学ばれている国々も考慮に入れていません。

多くの国が、国境内での多国籍化が避けられないこと、そしてビジネスのための仲介ツールとしての英語の重要性を認識しているため、多くの政府が将来の社会的および経済的成長への投資として英語学習を義務付ける教育政策を実施しています。ウィニペグ大学の研究プロジェクトによると、世界中で少なくとも142カ国が公立学校の初等教育で英語学習を義務付けており、多くの国民が多言語を話しているということになります。

バイリンガルはスキルか?

バイリンガルの家庭に生まれた幸運な人々にとって、複数の言語を同時に学ぶ機会は自然に訪れます。しかし、ほとんどの人にとって、それは教室で学ぶスキルセットです。実際、多くの国では、英語が社会の基本的な教育要素として非常に一般的になっているため、バイリンガルであるだけではまともな仕事に就くのに十分ではありません(もちろん、それがバイリンガルの利点がないという意味ではありませんが)。

英語が第二言語である国では、多くの国際企業が応募者に複数の言語要件を設定しています。通常、これには地元の言語、英語、さらに会社が使用する特定のビジネス目的のための特殊な言語などが含まれます。ほとんどの先進国では、複数の言語を話す人々はそうでない人々よりも良い仕事を得て、キャリアでさらに進む傾向があります。ではバイリンガルであることの利点とは何でしょうか。

アメリカ人は平均して何言語を話すのか?

一体どのくらいのアメリカ人がバイリンガルといえるのか。実際は想像するよりも少ないかもしれません。英語を話す最大の国であるアメリカ合衆国、カナダ、英国、オーストラリアはすべて、公立学校制度において第二言語の習得を義務付けていないからです。これは、英語がすでに世界の非公式の国際言語であるためと考えられますが、これらの国々はいずれ教育カリキュラムに第二言語の学習を導入しないことで、将来的に競争上不利になる可能性があります。これからわかるように、複数の言語を話すことは、どの言語であれ、それ自体で利点といえるのです。

バイリンガルの利点

履歴書に追加できるという点だけでなく、複数の言語を話すことには多くの利点があることが最近の研究で示されています。職場では、複数の言語を話す人々は、タスクの切り替え能力や詳細への集中力が高い傾向にあり、一言語しか話せない同僚をしばしば上回ります。また、特定の言語が必要な従業員関係、ビジネス取引、または出張のために、バイリンガルの従業員を活用することができます。職場でのバイリンガルであることの利点は、他のどの選択肢よりもはるかに重要です。バイリンガルの弊害は、その利点を上回ることは決してありません。

バイリンガリズムの心理学

バイリンガルであることによって、心理的および社会的利点もあります。バイリンガルの脳は、その環境に対してより認知的で、集中力があり、一言語しか話せない人の脳よりも気が散りにくいことが証明されています。複数の言語を話す人々は、異文化間での感情的な手がかりを異なる人々から受け取ることにも慣れており、それによってより共感的で社会的に意識が高くなります。

子どもにとって、一度に複数の言語を学ぶことは脳の発達に良いことが証明されており、とりわけ生涯にわたるマルチタスクスキルを身につけることができます。年を取ると、2つの言語を話す能力は、認知症、アルツハイマー病、加齢に伴う記憶喪失や精神的衰退を防ぐのに役立ちます。

バイリンガリズムの利点は、重要であると言うことはほとんど議論の余地がありません。

複数の言語を話すことがこれほど素晴らしいのであれば、なぜ誰もがそれを行わないのでしょうか?特に英語を話す国々では、社会がその言語学習プログラムの必要性を納得させることが困難です。しかし、例えばスペイン語がアメリカの文化、マスメディア、ビジネス、政治にもっと溶け込むにつれて、いつかアメリカでもこの状況が変わるかもしれません。しかし、それが起こるまではVascoの翻訳機などを使う必要があるかもしれません。

Vascoの翻訳機は、108の異なる言語を翻訳できる携帯音声翻訳機を専門としています。私たちの翻訳機の心臓部は最先端の技術に基づいており、一つの言語から別の言語へのフレーズや用語を完璧に一致させ、目的言語への翻訳をネイティブのように発音することができます。またVascoの翻訳機は、追加料金やサブスクリプションなしで、約200の国と地域でインターネット接続ができます。これらの機能をポケットに収まるサイズで持ち運ぶことができるため、すぐに多言語話者となり、複数の言語を知ることの利点を楽しむことができます。Vascoで世界中に新しい友達を作り、ビジネスチャンスを広げましょう!

まとめ:

複数の言語を話す人々の正確な数は不明ですが、人類の半数以上がバイリンガルであると推定されています。複数の言語を話すことには多くの利点があり、認知的な利点、社会的な利点、そして職業上の見通しが改善されます。多くの国では、公立教育において英語が必須の第二言語とされています。しかし、アメリカ合衆国では公立教育で第二言語を要求していません。バイリンガルであることには多くの利点があり、集中力を高め、細部に注意を払う能力が向上します。

よくある質問:

バイリンガルとマルチリンガルの違いは何ですか?

バイリンガルは2つの言語を流暢に話す能力を指し、マルチリンガル(多言語話者)は3つ以上の言語を話す能力を指します。

バイリンガルであることの利点は何ですか?

バイリンガルであることの利点には、タスクの切り替え能力が向上し、詳細に集中する能力、異文化間での感情的な手がかりを理解する能力が含まれます。

多言語話者であることの利点は何ですか?

多言語話者であることの利点には、脳の発達が促進され、一生にわたるマルチタスキングスキルが向上し、認知症、アルツハイマー病、加齢に伴う記憶喪失や精神的衰退を防ぐことが含まれます。

平均的なアメリカ人は何言語を話しますか?

平均的なアメリカ人は1言語を話します。

上部へスクロール